テーマ:'08道東

ゴォ~ル 旭川

2008.10.10 上富良野町~旭川市  計画上の最終日。旭川まで、あと40kmなので楽勝。天人峡あたりで紅葉を見て温泉でも、と思ったが、下界から見る大雪は雲の中。今回も天気には恵まれなかったなぁ。今日は早々にテント張ってゆっくりしよう。毎日、寒くて疲れた…。 夜明けにはすっきり晴れていたのに、日が昇るにつれ霧がたちこめてきた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

狩勝峠

2008.10.9 新得町~上富良野町  秋の嵐がやってくる。天気が悪けりゃ連泊すればいいじゃん、てなワケにはいかない。気圧の谷を追って寒波が来るのだ。十勝を脱出するには、どっかで日高山脈を越えなければならない。万一、初雪にでも降られたら!と思うと、どうしても今日中に狩勝峠を越えたかったのです。 胆振では豪雨が降り始めたとラジオ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

豚丼のナゾ

2008.10.8 幕別町~新得町  だまされた! 昨日、セイコマで買った雑誌(DVD付)に、である。「芸能人裏流出映像」「本人?山○モナ、秋山莉○」「アナタはどう見る?」って、顔にモザイク入れて、わかるわけねえだろ~。まだまだ世間知らず。修行不足。 明け方からサラサラと降り始めた。止むのを待って、ぬれたテントをたたんで出発した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

襟裳岬

2008.10.7 えりも町~幕別町  目が醒めると、雨は止んでいた。夜、天気が悪かったおかげで、逆に朝はあったかい。 キャンプ場を出て、ほどなく襟裳岬に到着。えらい整備されてる。森進一氏のヒット曲で「何もない」と歌われた事に地元の人はひどく憤慨したそうだが、ボクがン0年前に来た時はホントに何もなくて、原野の真ん中をたんたんと走…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナウマン国道・黄金道路

2008.10.6 浦幌町~えりも町  えりも岬まで、あと130km。本州から低気圧が進んできている。どっちが先に岬に到着するか、今日は雨との競争になる。 7時に出発。まず給油をと思ったが、町じゅうのスタンド4軒とも閉まってるやないの。ヤバい。町を出ると今度いつG.Sにめぐり会えるかわからない。7時半にシェルの兄ちゃんが出勤して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

釧路湿原

2008.10.5 標茶町~浦幌町  今朝のテント内の気温1℃。げっ、フライが凍っとる。寒くて2度寝できなかったので、白い息を吐きながら早々に出発準備。チェーンがジャラジャラ鳴リはじめたが、チェーンスプレーなど持ってきてないのでエンジンオイルを少し垂らして代用する。 今日は釧路で生活物資を補給して、浦幌町までの予定。まず、道々1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シャケの親子丼

2008.10.3 羅臼町~標茶町  朝、テント内の気温は5℃まで下がってた(十勝の陸別では氷点下だったらしい)。吐く息は白く、唇もばしばしになっちゃった。いたた…。「ユキ虫が舞い始めました。」とラジオが伝えている。ユキ虫とはなんぞや? そして、これが見られると平地での初雪も近いらしい。くわばらくわばら…。 羅臼市街(コインラン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

知床峠

2008.10.2 標津町~羅臼町  明け方まで、雨・風とも収まらず。フライが音をたてる。また、キャンプ場が標津漁港に隣接しており、夜中3時ごろ漁師さんがいっせいに出発していった。はぁ~、ねむたい。 「北海道の一部を除き、全国的にさわやかな秋晴れの…」 イヤミな天気予報だ。全国的にも不幸な少数派ってことでしょうか。オホーツクから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅の続きを

2008.10.1 ~北海道標津町  行き当たりばったりで、天気にも恵まれなかった前回の反省をふまえ、続きをすることにしました。天候の安定するハズのこの時期に、知床から襟裳岬を目指します。まあ、計画を立てたところで、その通り走れたためしないんですけど。 前号までのあらすじ(笑) 「北に向いて走ったら涼しなるんや。」との安直な考…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ロバが旅に出ても、馬になって帰ってくるワケではない。」  スペインのことわざだったかな。旅人には、誠に耳の痛い話ですね。 不完全燃焼な今回の旅では、反省点もいくつかありますが、やはり無計画だったのが一番いけません。風の吹くまま、気の向くまま旅が出来るのは「馬」であって、ロバがそのマネをしても得られる楽しみは限られる、という事で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

多和平に到着

2008.7.8 佐呂間町~標茶町  ひと晩中、風はおさまらず。しかも北海道の朝は早く、夜中の3時半には新聞が読めるほどの明るさになる。おかげで、すっかり寝不足。 今日もいい天気です。まず、R238(オホーツクライン)、道々76で能取岬へ。ここは、ベーリング海でソ連の原潜を沈め、核エネルギーを吸収したゴジラが上陸したところである…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オホーツク 紋別

2008.7.7 士別市~佐呂間町  清々しい湖畔の花畑で目覚める。多数の虫が飛来したが、神経質になっても仕方ないので虫は無視。7月だというのに水道の水がキンキンに冷たい。今日は本州以南では七夕だが、北海道では8月7日にするところも多い。 道々61を東へ。上紋峠への登りはたいした勾配ではないが、大荷物のため、2速走行となる。峠を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名寄

2008.7.6 羽幌町~士別市  朝、どんより白い空。どうもスカッと晴れない。それに北海道らしからぬむし暑さ。景色を楽しみに来たので晴天の日に走りたいが、そうゆっくりもしてられない。 涼を求めて「多和平でキャンプしよう。」 そう考えて出発。ぜんぜん方角が違うやん。 羽幌といえばサンセットビーチでしょう。羽幌の海にあいさつだけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本海オロロンライン

2008.7.3 小樽市~羽幌町  小樽の常宿(グリーンH。シングル¥3500)を8:00に出発。イケナイ事ですが、今回はマトモな計画を立ててません。天気と相談しながら、とりあえず北上します。 R5、手稲から道々44を北へ。この重いカブをガス欠で押したくはないので、早めの給油。道はそのままR231となります。にしても、相変わらず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイ・リトルカブ

2008.7.1 ~京都府舞鶴市  四国から帰ったところで、オドメータが27000kmを超えた。3000kmの倍数ごとにオイル交換をしているので、ついでにちびたタイヤの交換も、と思いタイヤをはずしてびっくり。ホイール(リム)の裏側が錆び錆びで、所々サビが盛り上がっている。 このリトルカブは4年ぐらい前に中古で買ったものです。LV…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more