テーマ:'07道東編

帰路 小樽へ

2007.7.4 中富良野町~小樽市  宿はソロの旅人ばかりで、オモシロイ話もいろいろ交換できた。 あてつけがましく快晴の最終日。今日は小樽までの200kmをひたすら走るのみ。なるべく市街をさけ、かつ、わかりやすい国道をつないで、というのはムシが良すぎるか。 JR富良野駅に寄ってみたが、駅前が工事中でバイクを停められず。R38…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美瑛

2007.7.3 留辺蕊町~中富良野町  昨夜はBIGLOBE混んでたのかな? ログインできなかった。 R39(大雪国道)で石北峠超え。いかにもネズミ捕りをやってそうな国道なので、用心して走る。1000mを超える峠だが、登りのきびしさはなく、主要国道らしく十分な幅員がある。カブでもスルッと通過。峠をまたぐと大雪が遠望できる。もう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

津別峠 カブの修理

2007.7.2 中標津町~留辺蕊町  夜中、寒さで目が覚め、カイロを貼り増す。この寝袋は10℃まで対応するが、今朝は明らかにそれ以下だ。おそるべし北海道。 未練たらしく、もう一度開陽台によってから出発する。 道々150号を西へ。養老牛から道885を直進し、弟子屈をめざす。 ん~、Fブレーキの調子がへん。 左)さらばミ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

開陽台

2007.7.1 浜中町~中標津町  強風でテントがあばれ、なかなか眠れなかった。しんど。 だけど心なんて、お天気で変わるのさ。今朝は少し風もおさまり、雲の間から陽ものぞく。霧多布の断崖にたたきつける波しぶきにも、最果ての旅情を感じる余裕がでてきた。 道々123号はR44をまたいで、さらに別海方面へ。他のクルマ、K察、信号がな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

和商市場・勝手丼

2007.6.30 鶴居村~浜中町  びしょぬれのテントが雨漏りしており、また風の中での撤収に手間どった。天気は西から回復の予報。つまり、道東は一番後回しということだ。 道々53号(たんちょう舞ろーど)を南下。13℃。 釧路市展望台に寄ってみる。展示で初めて知ったのが、縄文式土器が出土していること。こんなさっぶいところの、しか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もろこし国道・まりも国道

2007.6.29 上士幌町~鶴居村  フライをたたく雨の音で目が覚める。 行こか止めよか迷いながらも、雨の中でテントをたたみ出発。町立病院の軒で荷物を整理していると、異常にあごひげを長くたらしたオジイが話しかけてきた。ナイタイ高原のふもとで「オッパイ大祭」があるので来ないか? というのだ。アイヌの伝統ある、まじめな祭らしい。「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国道274号・日勝峠

2007.6.28 小樽市~上士幌町  朝、宿の駐車場に行くとカブがひっくり返っとる。イタズラされたらしい。あふれた燃料が水たまりになってる。幸いステップが曲がってる程度だが、エンジンはかからない。一度キャブのガソリンを抜いて、キック!キック!きっく!! 黒煙を吐きながらも、なんとか走れそうなので出発。 明日以降のスケジュールに余裕…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はまなす(新日本海フェリー)

2007.6.27 北海道小樽市  東へ去る低気圧を追っかけるかっこうになるが、うねり等は残っておらず、昼前に佐渡ヶ島沖を通過する頃には青空も見えてきた。 船内のご案内(笑) フロント 乗船すると、まずフロントで部屋とベッドを指定してもらう。貴重品はあずけましょう。浴場(サウナ付)・売店とも消灯時間(小樽行き便は01:30)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年も舞鶴港から

2007.6.26 ~京都府舞鶴市  今年も北海道へ行ける幸運に感謝! 朝、旅装束で出勤。仕事に身が入ろうはずもなく、そそくさと片付けて、舞鶴港へ向け17:00出発。途中、夕立に見舞われたり、スーパー銭湯に寄り道したりしてフェリーターミナルに着いたのは22:30。 ごらんの通り、前カゴにも荷物満載なので、ヘッドランプがほとんど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more