シャケの親子丼

2008.10.3 羅臼町~標茶町 
画像
朝、テント内の気温は5℃まで下がってた(十勝の陸別では氷点下だったらしい)。吐く息は白く、唇もばしばしになっちゃった。いたた…。「ユキ虫が舞い始めました。」とラジオが伝えている。ユキ虫とはなんぞや? そして、これが見られると平地での初雪も近いらしい。くわばらくわばら…。

羅臼市街(コインランドリーあった~)からR335南下、標津方面へ。快晴。国後もくっきりです。風はなく、10℃そこそこなのにとても暖かく感じられる。
画像
朝日をうけてR335を南下
国後も晴れ



途中、薫別川の河口に海鳥が群れていたので「もしや」と思い下りてみた。
鮭だ!!
かなりデカいのも、けっこういる。川の流れに逆らい、必死に遡上しようとしているが…。鮭捕獲用の棚にはばまれ、ここからは進めない。彼らは捕らえられ、人工ふ化に供されるのだ。自然なセックス、いや繁殖行動は許されず、オスなんてふ化場職員にまさぐられて、ピュッピュッとイカされて終わりだ。彼女(彼魚?)との思いを遂げられなかったシャケ君たちの恨み節が聞こえてきそうです。なんて事を考えてると、お腹がすいてきた。人間ってコワイ。
国道をはなれ、忠類川の中流域にも寄ってみたが、ここでは見られなかった。
画像画像
左)戻ってきたサケ。生命力にあふれる。
右)コワイ人間の見本



道々774で中標津へ向かう。根室支庁第二の都市。道々に沿って約5kmの細長い市街がひろがり、郊外には空港もあります。日帰り温泉(ホテル)5件。バイク屋や、比較的規模の大きなスーパーも複数軒あり、キャンプ地としても便利。高倉健さんの映画「遥かなる山の呼び声」のクレジットに町名がでていたので、この辺でロケをしたのだろう。エアエッジがつながったので、東武のフードコートで昨日の日記を書いてしまう。ついでにお昼をして、買い出しをして、温泉ホテルでひとっ風呂。
画像
中標津大橋のたもと、マルエー温泉。フロント前に券売機。¥420円。


道東沿岸の鮭漁は8月下旬から始まっていて、今が最盛期。スーパーにも美味しそうなのが並んでたので、今日の晩ご飯に。人間ってコワイ…。
3時ごろに中標津を出て、道々13を西へ。北海道って陽が傾くのがすっごく早い。気温も急降下。テントを張り終えると、日没とともに気圧の谷がやってきた。セーフ。
画像
親子丼にしてみた。イクラが絶品。
材料費¥690円。



今日の支出
内訳リップクリーム他     ¥467円
食料           ¥1475円
ガソリン          ¥516円
温泉            ¥420円
キャンプ場         ¥440円
日計¥3318円


本日の宿営地
画像虹別オートキャンプ場
きれ~い。マットが不要なふかふか芝サイト。駐輪スペースとサイトがくっついてる。¥360円+ゴミ袋¥80円。コインシャワー10分¥100円。ランドリーもあり。買い物不便だがおすすめ。

雨で出発できず、連泊。