リトルカブ 旅日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 知床峠

<<   作成日時 : 2008/10/03 13:32   >>

トラックバック 0 / コメント 0

2008.10.2 標津町〜羅臼町 
画像
明け方まで、雨・風とも収まらず。フライが音をたてる。また、キャンプ場が標津漁港に隣接しており、夜中3時ごろ漁師さんがいっせいに出発していった。はぁ〜、ねむたい。

「北海道の一部を除き、全国的にさわやかな秋晴れの…」 イヤミな天気予報だ。全国的にも不幸な少数派ってことでしょうか。オホーツクからの冷たい海風で、知床の空はどよよ〜ん。峠へ向かう決心がぐらつくが、出発せねば。
強風でテントたたむのにひと苦労。
R244を根北峠方面へ。前方の空に虹が架かっている。きれいだな〜、などと喜んでられない。あらかじめカッパズボンをはいておく。
峠に向かってどんどん気温が下がります。きっつー。指もかじかんでくる。多少パラパラッときましたが、大事にはいたらず、無事、斜里側に下りてこれました。11時。
画像
標津八景のひとつR244サーモンロード
まったいらな直線が10km続く


斜里の市街で早昼をして給油。
まばらに雲が浮かんでいて、降りだしてもカッパを着ようとすると止む、みたいな感じ。
R334を東へ。天気の回復とともに、鉛色だった海がグリーンへと変わります。白くたたきつける波しぶきが陽に照らされてきれいです。風は冷たいが、R334オホーツクラインを快走。
画像画像
左)斜里からR334
右)R334オホーツクライン


ウトロで買い出しを済ませ、今度は知床峠に向かいます。
画像画像
左)ウトロのゴジラ岩
右)ウトロを後にし、知床峠へ登る


カブには厳しい登坂でしたが、世界遺産の景色を十分にたんのうできました。雲はアイ・レベルより若干高い所を流れていたので、下界はくっきりでした。いや〜、来て良かった。
画像
知床峠
くだりは楽チン


羅臼側にほぼ下りきった所にキャンプ場。
知床で人気の羅臼温泉キャンプ場は今年7月半ばにヒグマが出没し、一時閉鎖されていました。この森のクマさんを撃退したのは、なんと女子中学生…。 早朝、ファミリードームテントにヒグマが覆いかぶさっているのを他のキャンパーが目撃して通報。中で寝ていた家族は!
一番ウォール側で寝ていたこの女の子、「妹がイタズラしてるんだと思って」テント内側から蹴りをかましたらしい。思わぬ反撃をくらったクマは退散したという(NHKより)。 お姉ちゃん、一歩まちがえばアナタが朝ご飯にされるとこだったんだよ。画像

キャンプ場内のカンバン

今日の支出
内訳食料            ¥943円
ガソリン          ¥572円
キャンプ場         ¥300円
日計¥1815円


本日の宿営地
画像国設羅臼温泉野営場
シカと同居。バイクは乗り入れOKみたいです。¥300円。山の方から獣の遠吠えが…。場内照明が貧弱で、その為おびただしい数の星が夜空に輝きます。向かいに無料露天温泉。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

知床峠 リトルカブ 旅日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる