四国へ 南海フェリー

2008.5.2 ~徳島県勝浦町 
画像
四国へ向かいます。実はG.W前半、自転車で出発したのですが左足をケガして、途中でリタイア。今回、カブでの再出発となりました。
四国へ渡る橋は3本架かっていますが、カブで渡れるのは、京都から一番遠い「しまなみ海道」のみ。そのため陸路はあきらめ、和歌山~徳島を結ぶ南海フェリーを選択しました。

京都→和歌山はR24の一本道。道路地図は「四国」のみの持ち出し。
6:35、奈良県に突入。一応、平日なので交通量はそれなり。奈良盆地の内側は真っ平らで、特にR24奈良市内は路側帯も広くとってあり、ストレスはありませんでした。
和歌山発のフェリー乗船開始まで7時間。予定では、カブでも6時間で着くはずなんですけど…。
画像画像

左)さすが古都・奈良。国道端にもこんな風景が。
右)まさか原料に使ってるとか?



8:50、和歌山県に突入。いいペースです。でも、のんびりご飯してる時間はないので、スーパーでパン買ってかじります。和歌山の人にはおなじみの「オークワ」。
その後もR24紀ノ川沿いをまっすぐ。この前、自転車こげなくなった時は紀ノ川の河原で野宿したんだよな~。
ほぼ予定通りに和歌山市へ。和歌山城を右に見ながら三年坂を登るころパラパラっときましたが、すぐに港に到着。
画像画像

左)山ん中で和歌山突入。
右)三年坂。すぐにフェリーターミナル。



南海フェリー
紀伊水道をまたぐ2時間の船旅。上下各9便。下り第6便は13:40発。乗船券の発売は12:40から。
ただし、バイクは電話での乗船予約はできず、窓口での先着順だそう。一便に20台しか乗らんらしい。ちなみに今日は17台。
乗船はバイクが先、下船は後。
画像画像

左)船内に売店兼案内所あり。係のお姉さんも2名。
右)バイクの固縛には注意!



徳島へ上陸。港のダイソーでカセットガスを補給してから、R55を南下。県のメインルートなので、多車線ですっごく
混んでます。左折レーンでおまわりさんが見張ってたりします。勝浦川を渡ったところを右折(もち2段階)。川に沿って県道16号を山の方へ。
画像画像

県16。道はいいです。


今日の支出
内訳フェリー          ¥3200円
カセットガス他       ¥210円
食料           ¥1080円
日計¥4490円


本日の宿営地
画像前川キャンプ場
夕方、管理のお母さんが名簿を持って来てくれ、記入。砂利サイトはペグがささりにくい。夜は真っ暗ですばらしい星空。バイクなら、コンビニ、レンタルビデオ兼業スーパー、郵便局などすぐで不便なし。