あの世のお正月

2008.2.22 宮古島 栗間島 
画像
朝7時にテントをはいだすと、既に体操をしているオジイや、なんと泳いでいるオバアもいる。おそるべし、沖縄の高齢者。

今日は平日のはずだが、沖縄の町は休日モードだ。ベスト電器は臨時休業しているし、小中学校も授業は午前中だけ。以前は市役所も半どんだったらしい。

旧十六日祭
旧暦1月16日(今日)はあの世のお正月なのだそうだ。立派なお墓ひとつとってもわかるが、ウチナンチューの死生観は、我々ヤマトの人間とは大きく異なっている。墓参りというと、墓石にむかって手をあわせるイメージだが、沖縄はちがう。一見、墓とはわからない庭付きの建物に、重箱にごちそうを詰めて親族が集まり「ご先祖様と一緒に」宴をひらくのだ。スーパーにもお供え用の「オードヴル」が積まれ、なんとミスドにも「旧十六日セット」なるものが登場する(ちとワロタ)。
オジイ、オバアは死んでなお身近な存在であり、家族の精神的結びつきの強さを思わせる風習だ。

暑い。暑すぎる。今日は25℃を越えてる。宮古の南西にうかぶ栗間島とも橋でつながっているので行ってみた。手作りの標識は所々朽ちており、島内はまるでさとうきび畑の迷路だ。
ちいさなプライベート・ビーチのような浜を見つけるたびにヘコむ。カノジョのいない身を思い、みじめさが胸を刺すのだ。
画像画像

左)栗間大橋をわたる。
右)標識がなく、まるで迷路。小回りのきくカブなので不安はない。



カブのヘッド・ランプの球をはずした。野宿でもPCなどの家電品が使えるよう、RVボックスにサブ・バッテリー(カブのメイン・バッテリーよりかなりデカイが)を積んでいるのだが、いまいち充電が追いつかないようなのだ。画像画像

左)ひょっこりと小さなビーチに出くわす。
右)大橋をもどる。前浜ビーチのながめがサイコー。



とうとう、デジカメがご臨終だ。

今日の支出
内訳食料(米など)      ¥1263円
外食(すば)         ¥450円
枕              ¥598円
石けん、ハブラシ      ¥296円
日計¥2507円


本日の宿営地
画像お隣さんが引っ越してきて、住人が2人になった。