クルーズ・フェリー飛龍(有村産業)

2008.2.16 ~大阪南港 画像
節分の頃が一年で最も寒い。昨年の異常な暖冬からすれば、今年の冬はとても冬らしいですね。京都も今朝は氷点下でした。「全国の天気予報」を見てると、つくづく沖縄の人がうらやましく思います。20℃かぁ。バイクで走ると気持ちいいだろうな~。そこまで考えて、うらやましがられる側にまわることにしました。

天国へ向かうには、まず地獄を通過せねばなりません。混みこみ冷えひえの大阪市内を抜け、大阪南港まで行かねばならないからです。カブで。
朝から降っていた雪もやみ、13:30出発。まず、エンジンがフケない。重てぇ~。ちよっと荷物つみすぎたかな。ノロノロと走るカブを、大型車がビュンビュン抜いてゆく。あ~こわ。
バイク用品店に寄ったり、買出ししながらも、明るいうちに大阪南港かもめフェリーターミナル到着。画像

あ~、さぶかった!

乗船手続きは22:00~23:30。名古屋発の飛龍は23:10に入港してきた。しかし、荷役作業が長引いて乗船が大幅に遅れ、結局飛龍が出航したには夜中の03:30。さすが。というか、やっぱり。

2008.2.17
この船には和室が無く、2等もすべてベッド・タイプ(インサイド・キャビン)。ただ、枕がカステラみたいにちゃちなモノで、よく眠れなかった…。
朝、目が醒めると、飛龍はまだ紀伊水道にいました。08:50、室戸岬通過。画像

室戸岬。
海にむかってストンと落ち込む感じが、北海道の襟裳岬に似ている。


日本付近は冬型の気圧配置で北風が強く、近畿では雪の降ってるところもあるらしい。飛龍も外海に出る頃から、横にゆれはじめました。でも晴れているし、何より船体がデカいので、酔い止め薬のお世話になる程ではなかったです。ホッ。
オフシーズンのせいか、船内設備もほとんど閉まっており、今日は一日ウォークマンのお守り。画像

異郷の地で第二の人生をおくるクルマたち。
船の航跡をみると「宇宙戦艦ヤマト」をうたってしまうのは、ボクだけだろうか。


明日は那覇港にて一時下船。